福井県、奥越地区、新築・リフォームの事なら杉山建設にお任せ下さい。耐震性に優れ、快適な住まいを提供するスーパーウォール工法をご提案します。

杉山建設の対応エリアは福井県の嶺北・奥越地区が中心です。(勝山市、大野市、福井市、坂井市)

杉山建設のホームページへようこそ。

杉山建設は「暮らしを育む家づくり」をモットーに福井県奥越地区(勝山市、大野市)で家づくりを行っています。
地域に根ざし、地域の住宅事情を知り、人と人とのつながりを大切にし、きめ細やかな対応のできる地場ビルダーとして、地域特性に最適な住まいを提案しています。
また、快適な家づくりを実現するために杉山建設では、トステムのトステムのスーパーウォールをご提案しています。
N様邸
作成:2007-12-19 12:23
薪ストーブを中心にした開放的な空間
薪ストーブを中心にした開放的な空間

「以前の部屋より専有面積が小さいのですが、庭があるし、LDと隣の洋室をつなげて使えるので、開放感があって広く感じるんです」と夫のMさん。LDと洋室は4枚のスライド扉で仕切ることができるが、扉を1ヶ所にまとめてしまえばひとつの空間として使うこともできる。また、白いテラコッタタイルが敷かれた専用庭は2mほどの塀で囲われているので、窓を開け放ってもプライバシーが確保できる。「落ち着いて暮らせますよね」。

構造木造2階建て
設計○○設計事務所
施工杉山建設
その他2007年10月完成
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている
薪ストーブを中心に、LDと和室との間は、扉を開け放しひとつの空間として使っている